安くて大満足!?クリス・カイルのレビュー!アメリカン・スナイパー

前から欲しいと言っていたので!喜んでくれました。文章が稚拙、なぜこの本がベストセラーになったのか理解不明。原作と映画のセットがおすすめです。

イマが買い時♪

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

アメリカン・スナイパー クリス・カイルアメリカン・スナイパー [ クリス・カイル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

やはり日本人とはちょっと違う。アメリカ兵の気持ちが書き込まれていると思います。映画を見てディテールを知りたくなり本書を読みました。映画より詳しく書かれていてリアリティーを感じられます。プレゼントだったので、喜んでくれてると思います。映画が話題になっていたので購入しました。シールズの内側がよくわかり、他のシールズを扱った映画も楽しめそうです。家庭が崩壊に向かいつつあるときの二人の文章を読むと辛い。作者の思いも詳しくわかります。淡々と事実が述べられていて、アメリカのナショナリズムというものを感じました。違いがわかればと。テロリストがルール無用で命を奪いにくるのに、米兵は交戦規定に縛られているという現実を日本は理解しているのか? 天命と思って戦場へ行く夫と、本国で幼子と一緒に無事の帰りを待つ妻。でもどちらがいいということではないです。あっ!まだ本作は見ていませんが(笑)映画を見て!購入しました。映画を観る前にと買いました。映画の見方も変わりそう。読んでいると、映画の画面が思い起こされます。彼の最期がPTSDの元海兵隊員による射殺というのも遣る瀬ない。安保法案の強行採決は、戦争を考えるために本書を読む良い契機を与えてくれた。映画公開で興味を持ち購入したが!またしても映画は見なかった。